リフォームのお役立ち情報がいっぱい!

トイレ増設リフォームの費用目安

トイレ増設リフォームの費用目安 リフォームでトイレ増設する際の費用は、一般的には50万円から100万円が目安とされています。
これだけ費用に幅があるのは、設置するトイレのグレードと工事の難易度によってトイレ増設の費用が大きく変わるためです。
例えば、タンク式トイレの場合は10万円前後で販売されている製品もありますが、タンクレス式の場合、その価格は20万円台からとなっており、50万円前後する製品も存在します。
グレードにこだわらないのであれば、費用を抑えることが可能ですが、設置場所の都合でタンクレス式を選択せざるを得ない場合もあります。
また、トイレを増設する場合、給排水管工事が必要です。
リフォーム場所の近くに上下水管があれば良いのですが、ない場合は上下水管までの距離が遠くなればなるほど工事費用は高くなります。
加えて、2階に増設する場合の給排水工事は、1階に設置する場合よりも大がかりとなるため、一般的に1階に増設するよりも2階に増設する場合の方が費用が高くなる傾向があります。
このように、リフォームでトイレを増設する際の費用は、トイレのグレードや工事の難易度によって変わるため、予算としては余裕を持って100万円程度を準備しておくと安心でしょう。

リフォームをしてトイレ使えない場合には?

リフォームをしてトイレ使えない場合には? トイレは家族全員が一日何度も使用しますので一番汚れやすい箇所といえます。
お客さんが来たときにトイレが汚くて、恥ずかしい思いをしたというご家庭も少なくありません。
思い切ってリフォームをして綺麗で清潔感溢れる空間を作り出しましょう。
トイレのリフォームのほとんどは半日から1日程度で完成しますが、それでもその間はトイレ使えないという状態が発生してしまいます。
それで、そのような事態に備えてリフォーム工事が始まる前にトイレを使用しておくことです。
そして、リフォーム工事が始まったなら貴重品を目につかないところにしまっておき外出することです。
外出するなら、外出先で用を足すことが出来ますので、トイレの心配をすることがないからです。
1日以上かかる、もしくは丸一日家を空けることが出来ない、という場合にはレンタルの仮設トイレを庭に設置するという方法もありますので仮設トイレをレンタルする、というのも一つの方法です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>