リフォームのお役立ち情報がいっぱい!

床張り替えリフォームでメンテナンスしやすい家に

床張り替えリフォームでメンテナンスしやすい家に 一般的な日本家屋は、和室の部屋を備えたものでした。
この和室は畳となっているため、毎年大掃除の時期になると畳を総入れ替えしていたものです。
非常に手間が掛かり、なおかつコストも大きいため使い勝手が悪いものと言われていました。
昨今では床張りの洋室しかない家が多く、メンテナンスがしやすいことでしょう。
現段階で和室があるけど、床張り替えをおこなって室内を一変させたいという方は、リフォーム工事を実施すれば短期間でそれを可能とします。
リフォームの床張り替えは、畳を取り除いた床下にウレタン製のマットを備えるだけで完了です。
このマットは防音・防水・断熱の3つの機能を有しているため、非常に勝手の良いものといえます。
専門会社に依頼をするのが基本ですが、昨今ではホームセンターでマットも販売されており、日曜大工を趣味になさっている方なら自身でリフォームをおこなうことも可能です。
この場合だとコストを最小限に抑えられます。

リフォームで床の色はどうやって選べばいい?

リフォームで床の色はどうやって選べばいい? これから家のリフォームを検討する方もいることでしょう。
その際には部屋の床をどんな色にすればよいのか、迷う方もいるはず。
この点、リフォームで床の色を選ぶにあたっては幾つかのポイントがありますが、最も大切なことは色別に特徴を把握しておくことです。
面積の広い床ほど部屋の印象を左右するため、床の色それぞれの特徴を理解しておけば、自分の好みに合った理想の部屋に仕上げることが期待できます。
例えば部屋を明るく広く見せたいなら、ホワイト系やベージュ系といった、明るい素材を床に取り入れるのが最適。
様々なタイプの家具やカーテンの色とコラボレーションしやしすいのが、大きな魅力です。
さらにホコリやキズが目立ちにくいのも、見逃せないメリットと言えます。
これとは逆に、重厚で落ち着きのある部屋に仕上げるなら、ダークブラウン系やダークグレー系の素材がおすすめ。
部屋全体の雰囲気を引き締める色なので、室内に高級感を出したい場合にも最適でしょう。

新着情報

◎2021/1/13

クローゼットのリフォーム
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「リフォーム メンテナンス」
に関連するツイート
Twitter

納車の儀が終わって、相方の希望で豊中のラバッジョ(

リフォームしないと危ない!? こんにちはリペースです! 木造住宅は耐久年数30年が目安となっています!! もちろんもっともっと住み続けることができるのですが、それにはメンテナンスが必要不可欠です!! 大丈夫かな?と思ったら相談だけでもご連絡ください!!

返信先:何年か前にリフォームしたっぽくて樹脂サッシと二重ガラスにはなってるんですよねえ。アルミサッシの場所も残ってるけど。上手くメンテナンスしたらもっと快適になりそう

本日は身体メンテナンスday エルトレモン🍋からだリフォーム整体60分、れもんさんに施術して頂きました。 痛くなく、ゆらゆら身体を揺らし、伸び➰のび➰んと伸ばしていく。 面白い。 自分でそこまで伸ばせないところを伸ばしてくれるので、ぐーーんってのびる。 施術後、目がぱっちりした。

リフォームしないと危ない!? こんにちはリペースです! 木造住宅は耐久年数30年が目安となっています!! もちろんもっともっと住み続けることができるのですが、それにはメンテナンスが必要不可欠です!! 大丈夫かな?と思ったら相談だけでもご連絡ください!!